ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
200805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200807
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 無断リンク禁止どころか無断言及禁止と言いたい人もいるようだけど、公表された言論に対する無断言及など当然できるというのが当り前だろうと思う。以前にもマナー論やら重箱の隅つつきやら揚げ足取りやらで文句を言う人はいたけれど……

はてなブックマーク - 管理の問題ですね、わかります - プログラマーの脳みそよりrag_enさんのブックマークコメント
※2008/06/11 ekkenさんのご指摘により引用元のコメント主を追記
”公表された言論に対しては批判の対象となる、という単純なルールがある”ちょいちょい見かける意見だけど、その根拠を聞いたことはない。仮にそうだとしても、ネットが一般化した今においてはカビが生えたルール。
 著作権法第三十二条は根拠の一つと思うのだがどうだろうかな。
(引用)
第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
 つまりこれは、「公表された著作物(言論も文章という形をとっている限り著作物である)は、批評(≒批判)する目的で引用することができる」と言っているわけであり、引用できる大前提として「批判できる」と解釈するのが尤も自然であろう。 
 もしも批判することそのものができない(許されない)としたらこの条文自体が矛盾してしまうのではなかろうか。「批判できないのに、(批判の前提となる)引用はできる」ってなんのこっちゃ?

 ということは、「仮にそうだとしても(=その根拠があるとしても)」が成立するということで、「ネットが一般化した今においてはカビが生えたルール」と言いたいのであろうか。とすると、一体何を持って「カビが生えたルール」と言いたいのかぜひ伺ってみたいものである。
 もちろんあらかじめ断っておくが、著作権法の成立した時期を根拠にするというのは無しね。

※2008/06/14追記 昨日(6/13)あたり、消毒しましょ! からのアクセスがやたら多い。
カビが生えてんのはお前の頭なんだよ!! - 消毒しましょ!
 内容自体は至極まともだし意見にも賛成できるのだが、いかんせん毒舌が過ぎる。そういうのを読むに耐えないと思う人は上記リンクをクリックしない方が幸せかも。
スポンサーサイト

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。