ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 前回リンクに関するマナー その1という記事を書いたが今回はその続きである。その1では主にいわゆるリンクページなどにあるリンク、言い換えればサイトへのリンクについて書いたが、今回はサイトの一部へのリンクについてまとめてみることにする。
 どういう場合にそのようなリンクをするかについてはいろいろ考えられるが、例えば小説やイラスト等の作品を紹介したり批評したりするためのリンクなどがある。
 さてここで私のサイトを例にして説明する。私のサイトにリンクする場合、普通はこのようにリンクするだろう。
スーパードジっ子Company
<a href="http://blunderer.web.fc2.com/">スーパードジっ子Company</a>
 なぜこうするか? それはトップページがサイトを代表するページだからである。やはり私のサイトの場合これが最適と思うし他の方もそう思われるであろうと思う。

 もしこのように貼ったとしたらどうだろうか。
スーパードジっ子Company
<a href="http://blunderer.web.fc2.com/blunderer.html">スーパードジっ子Company</a>
 確かにそこも私のサイトの一部であるが私のサイトを代表するページでは無い。だから私としてはサイトへのリンクとしてはそこのページを貼ってほしくないし、また閲覧者も混乱するだろう(「戻る」でトップに行くけど面倒)。だからこのようなリンクの仕方はマナー違反と言える。

 ただそれはあくまで「サイトへのリンク」の場合である。だが、リンクする側としては個別のコンテンツへのリンクを貼りたい場合だってあるのだ。例えば私の小説を紹介する場合、どちらの貼り方が望ましいだろうか。

1) スーパードジっ子Companyへ行って、「自作小説」をクリック。
2) 自作小説スーパードジっ子Company

 貼られる側のサイト運営者から見れば1)で貼ってほしいという人もいるかもしれないが、閲覧者から見て便利なのは圧倒的に2)である。だからこの場合は子ページへ直接リンク(ディープリンク)することが望ましいと思うしそれが閲覧者に対するマナーであろう。

 ただ気をつけなければいけないのは、閲覧者に好き嫌いが生ずるようなコンテンツの場合である。例えば私の小説はTSF(性転換小説)であるから嫌う人もいるかもしれないし、そういう人が間違って迷い込んで嫌悪感を感じたら申し訳なく思う。だからといって注意書きをトップに掲載し、リンク場所をそこに限定するというのは少々行き過ぎではあるまいか。上記自作小説ページであれば上の方に注意書きが書いてあるから問題無いと思うが、小説そのものにリンクしたとしたらどうだろう。

華代ちゃんシリーズ「究極のコスプレ」スーパードジっ子Company

 見て分かるがどこにも注意書きが無い。で、読み進んで行って「おいおい」ということになりかねないのである。だからそういう場合はリンクする側が注意書きを書くべきではなかろうか。

以下の小説はTSFであり、男から女に変身する要素が含まれています。
華代ちゃんシリーズ「究極のコスプレ」スーパードジっ子Company

 さてもう1つ、上記のリンクは全てサイトへのリンクを併記してきた。それはなぜか? やはり閲覧者としてはそのサイトの他のコンテンツも気になるだろうと思うからである。もし上記小説を読んでみて面白かったとしたら(あくまで「したら」であって本当に面白いかどうかは保証の限りでは無い)、私が書いた他の小説も読んでみたいと思うだろう。そのためにもサイトへのリンクを併記するというのは閲覧者に対するマナーだろう(同じサイトへのディープリンクが複数個ある場合、サイトへのリンクは1つだけでもいいと思う)。

 もう1つ注意しておかねばなるまい。既に書いた通りディープリンクそのものはマナー違反ではないが、他人のサイトを自分のサイトの一部のように装うのは言うまでも無くマナー違反である。それどころかもしかしたら著作権の侵害(作者詐称)にもなるかもしれないので厳に慎むこと。例えば

私の小説ですぅ~ 読んでね。
華代ちゃんシリーズ「究極のコスプレ」

 こんなことしたらマナー違反であるばかりでなく、作者やその作品に対する冒涜でさえある。絶対にしてはならないことの1つだと思う。

 さて今回も長くなってしまったのでこの辺で終わりにする。次回は前回や今回書けなかった同一ページを表す複数URLのことについて、及び今までのことをまとめて総括してみることにする。
スポンサーサイト

テーマ:HP作成 - ジャンル:コンピュータ

この記事へのコメント
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。