ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 リンクフリーなのにオンラインブックマーク禁止とな?の記事において大量(数十~百数十サイト)のリンクを行って抗議を受けたりし、またアンケートの記事においてそれに関するアンケートを行った(現在は終了。結果はアンケート結果発表の記事)。
 その際アンケートの結果を含め総括を行うことを約束したが、まずはコメント欄などで受けた質問のうち未回答になっているものに回答していくことにする。アンケートそのものについての考察・総括は総括2:アンケートについて考察で。
Q1:そもそもなぜこのようなこと(大量リンク)を行ったのか?
A1:オンラインブックマークはご遠慮くださいというサイト多いけどの記事において「リンクフリーですがオンラインブックマークはご遠慮くださいなんてサイト存在するの?」という疑問が出てきたため、実例を示そうとリンクした。

Q2:それにしても、そんなに大量にリンクしたのはなぜ? 必要無いのでは?
A2:検索してみたところ結果が大量だったため、「こんなにたくさん」ということを示すためリンクした。

Q3:「~で検索してください」と書いたり、数を書いたりすれば十分だったのでは?
A3:それでは信用してもらえないと思ったので。またインパクトという点では大量リンクに劣るのでは?

Q4:そんなに大量にリンクして、全部見てもらえると思ったのか?
A4:いくつかピックアップして見てもらえばそれで十分と思った。それらの記述が全てそうなら信用してもらえるのではと。

Q5:このような形でなく、まとめサイトでも作ったらどうか?
A5:オンラインブックマークはご遠慮くださいというサイト多いけどの記事のようなものであれば、今後も書いていく予定。

Q6:こんなことをして、恥ずかしいことだと思わないのか?
A6:いいえ。自分の記事の参考のためにリンクしたのがなぜ恥ずかしいのか?

Q7:あなたが一生懸命に作り運営しているサイトがこのような扱いを受けたらどうなのか?
A7:もし正当な意見だったら受け入れるし、そうでなければ自分のサイトで異論を述べるなり掲示板等で意見を募集するなりする。「~というサイトで○○と書かれていますが、私は××と思います。皆様はどう思われますか?」等。

Q8:「公開型はお断り」という表現を勧めているのはなぜか? 公開型もオンラインブックマークではないのか?
A8:オンラインブックマーク利用者の利便性と検索避けが無効になる可能性を天秤にかけた結果の妥協案。非公開型であれば利用者も不便では無いし検索避けも無効にならないので。

Q9:リンクしたサイトはオンラインブックマークについて誤解してこのような記述をしたのだと確認したのか?
A9:確認してはいないが、誤解していないのならなぜこのような記述を行うのか?

Q10:何の権限があってこのように晒し上げているのか?
A10:A1~4で答えているが、自分の意見の参考リンクとして。またリンクすること自体に許可は不要なはず。

Q11:アンケートをとったところで、正確な結果はあなたにしか分からないのでは?
A11:そのような疑問が出てくるのはもっともだと思ったので、アンケートは誰にでも検証可能な方法(はてブ&トラックバック)で行った。もし疑問であればアンケート結果発表の記事よりリンクされている各サイトを見てほしい。

Q12:大量リンクをすることによって何か意味のある事がネット界に広まるのか? 今回こうしてリンクまで張り、行動を起こすということは何か理由があっての事では?
A12:A1~4で回答済みだが、単に自分の意見を補強するためのリンク。決して個々のサイトの記述を強制的に改めさせる目的では無い。

Q13:「こいつこんなバカなこと言ってるぜー」と人様に吹聴するためにURLを貼っているのか? 誰に迷惑をかけているわけでもないのですから放っておけばいいのでは?
A13:A1~4で回答済み。自分の意見を補強するためのリンクがなぜ「バカなことを~」になるのか?

Q14:なぜ途中でhttp://blunderer.blog54.fc2.com/blog-entry-117.htmlの最後にある記述を削除したのか? また以前にコメント欄でそのサイトにリンクしていたのはなぜ?
A14:以前コメント欄でリンクしていたのは、問い合わせがあってそれに答えるため。また記述を削除したのはそれ以降問い合わせが無かったため。

Q15:「リンクは一旦解除」という発言は「該当サイトへのリンクは一度解除するが、再びリンクする可能性もある」との意味に解釈できるが?
A15:少なくともこの問題に関する限り、個々のサイトに言及することも無く大量リンクを行うつもりは無い。ただし特定少数のサイトについてリンクの上言及・批判することはあるかもしれない。
※2007/08/16記述変更

Q16:最初に「サイトを公開するのは止めとくが、どこのサイトか知りたい方はメールかコメント欄で。」と記述したのはなぜ?
A16:今回の記事とは別に各サイトへ「おかしいのではないか?」等とコメントするなどしているが、そのサイトについては返答が納得いかなかったため。ただし希望も無いのに公開しても仕方ないと思ったので希望者のみに公開することにした。

Q17:記事を復帰させた時のコメントで「下衆の勘繰り」と書いた理由は? アンケート途中で記述を変更するというのはしてはいけないことでは?
A17:削除理由についてはA14で回答済みだが、それだけの理由なのに勘繰るようなことをあれこれ書かれたため「下衆の勘繰り」と書いた(不適切な表現のような気がしたので「痛くも無い腹を探られた」と後で書き換えた)。途中で記述を変更してはいけないという意見については、アンケートの項目に抵触するというのであればともかくとして、今回に関しては理解できない。

Q18:今回行ったことは啓蒙活動か?
A18:その一環ではあるが、あなたの言う「啓蒙活動」の意味がリンクした各サイトの記述を強制的に改めさせるということであればNOである。

Q19:今回のリンクをきっかけに閉鎖を決めたサイトがあるが?
A19:逆に「因果関係は?」と問いたい。そのように書いているサイトがゼロとは言わないが、自分で見た限りでは見当たらなかった。

Q20:今回のことについて、個人的な感情に任せた行動や発言はしていないのか?
A20:していないつもりだが、傍から見ていてそう思えることが無かったとは言えない。

Q21:リンクは啓蒙活動としてなんの問題もないのか?
A21:A18参照。自分の意見の補強としても今回のやり方は問題では? ということであれば「晒しとは?」という別記事を起こして検証予定。

Q22:配慮のなさに配慮のなさで返すことは冷静な対応か?
A22:質問の意図が分からないのでノーコメント。

Q23:どうして全ての質問に答えなかったのか?
A23:大量にコメントが寄せられコメントスクラム状態になっていたため。ようやく落ち着いたのでここでこうして質問に答えている。また改めて見直したのだが、質問なのかそうでは無いのか分からないような書き込み(例えばA6は質問に見えるがそうでは無い)が多すぎて質問だと思わずにパスした可能性もある(これでも見落としがあるかもしれない)。

Q24:今回のアンケート方法(トラバとはてブ)ではなく、一人一票しか投票できないアンケートを実施したらどうか?
A24:A11で回答したが、アンケートは誰にでも検証できなければならないと考えたためその方法に限定した。もし万が一賛成票が大量に集まったとしたら、たとえ賛同者がたくさん集まったためにそうなったとしても「自作自演」等と言われるのではないか?

Q25:誠意を持って皆さんの貴重な意見ひとつひとつに耳を傾けるべきでは?
A25:ようやく余裕ができたので、ここで積み残しの質問に答えている。

Q26:どうしてアンケートと言う形をとったのか? また無記名で無責任なものの方が本心を表しているのでは?
A26:まずはこのリンクが「晒し」に当たるかどうか意見を集めたかったため。また無記名で無責任なものであれば大量投稿することが可能だし、また他人が検証することが不可能では。

Q27:そもそもなぜアンケートをとったのか? リンクを続けるも止めるも他人の意見に依存することになるが。
A27:抗議が殺到し、早い話が嫌になったため止めようと思った。ただし続けてほしいという意見が多いようなら、それを無視して止めるのは無責任だと思ったためアンケートをとることにした(幸か不幸かそのような意見は極少数だったのだが)。

Q28:反対派だけが大量投稿などの工作を行うと考えているのはなぜ? 賛成派だって行う可能性があるのではないか?
A28:そうかもしれないが、もしそうと思しき結果が出たとしたら「自作自演」と言われるに決まっている。いずれの可能性も排除するためにはA11で答えた通り検証可能でなければならない。

Q29:リンクフリーなのにオンラインブックマーク禁止と書いてあって不快になったのか?
A29:矛盾した記述なのでおかしいなと思った。またその記述の原因が特定のサイトのようだったので大変不快になった。

Q30:ならなぜそのサイトに抗議しないのか?
A30:放置状態で抗議を含め意見を受け付けていなかった。また既に閉鎖されたため、今から抗議することは無意味だし不可能。

Q31:A19では不十分。今回リンクされたサイトがリンクされた時期に閉鎖しているのが通常時に比べてあまりに多すぎる。それはリンクされたためではないのか?
A31:仮にそうだとしよう。でも高々数十~百数十Hit/日程度のブログにリンクされたところでなぜ閉鎖せねばならないのか? また間違ったことを書いていたのであれば改めればいいし、もし正しいことを書いているという自信があるならサイト上で堂々と反論すれば良い。それをしないで「閉鎖したからお前の責任だ」と言われても理解できない。

Q32:SNSについて偏見のある者がオンラインブックマークについて批判するのはおかしいのではないか?
A32:SNSについて偏見のある者がSNSについて批判するのはある意味おかしいかもしれないし、もし批判するのであれば偏見があることを公開した上で慎重に行わなければならないと思う。しかし、SNSとは全く関係の無いオンラインブックマークについて批判するのがおかしいというのはそれこそ変ではないか? 関係があるから云々ということであれば、どのような関係があるのか教えてほしい。

Q**:これ以上の質問に答える気はあるのか?
A**:答える気はあるが時期は約束できない。ある程度で区切って今回のような記事を起こし、そこで回答するようにすると思う。また質問であるか否か分からないものについてはうっかりスルーすることもあるのではと思うので、質問であるとはっきり分かるようにしてほしい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
A15の「多分」とはつまり「100%ではない」ということですか?
曖昧な記述で逃げを打たないで普段貴方が書く記事やコメントレスのように明確な意図をもって言及してはいかがですか。
さもなければどう取り繕ったところで「気に入らない小娘どものサイトを晒し上げただけ」という印象は拭えませんが。
2007/08/16(木) 00:30:44 | URL | #-[ 編集]
レス
一旦ノーコメントとしたが記述を変更した。
2007/08/16(木) 00:52:52 | URL | 高樹ひろむ #yu0f4SLA[ 編集]
A32について 1
それは本気で仰っているのでしょうか。
あなたは一体何のブログを運営なさっているの? これは、人々に、正しい事実を啓蒙するためのブログではないの?
少なくとも、本件に関してはそのような理想を掲げられておられた、と記憶しておりますけれど、こんな、今後の信用問題に関わる事を書かれて大丈夫ですか?

と申しますか、内科患者は「SNSに偏見があるのかもしれません」と言う高樹様の発言に対して、『変だ』とか、『おかしい』と表記したわけではなく、

> このような発言をされる高樹様を見損ないました。(略)
> 今後の高樹様のためにも、この部分は撤回なさった方が宜しいのでは?


と申し上げたのですけれど……
にも関わらず、発言を撤回せずに、Q32のような質問に変えられるなんて、まさか高樹様は本気で『この発言のまずさ』をお分かりではないのでしょうか。
まさかこんな切り替えしがくるとは予想もしておりませんでしたけれど、教えてほしい、とあれば、僭越ながら教えて差し上げましょう。この件について言及申し上げたのは、内科患者ですものね。
(以下は、恐らく、高樹様以外からすれば面白くもない普遍的な回答だと思いますけれど…。)

ではA32を一部引用させていただきます。

> SNSについて偏見のある者がSNSについて批判するのはある意味おかしいかもしれないし、
> もし批判するのであれば偏見があることを公開した上で慎重に行わなければならないと思う。
> しかし、SNSとは全く関係の無いオンラインブックマークについて批判するのが
> おかしいというのはそれこそ変ではないか?
 

いいえ、充分におかしいですよ。全く変ではありません。
但し、それは
「SNSとは全く関係の無いオンラインブックマークについて批判するのが」
変なのではなく、
「SNSとは全く関係の無いオンラインブックマークについて批判するのが『高樹様だから』」、
おかしいし、変なのです。

そう、言うなれば、「どの口がそれを言うのだろう」と言う類のおかしさですね。
これまで『オンラインブックマークにまつわる誤解』を説いていた口と、『SNSに偏見があるかもしれない』と発言したのが、同じ高樹様の口だから、おかしいのです。
問題は、『高樹様が』それを仰った、と言うただ一点です。
内科患者はそうコメントいたしましたが、そこは読んでいらっしゃらないのですか?

第一、A32のこれはなんなのですか。

> SNSについて偏見のある者がSNSについて批判するのはある意味おかしいかもしれないし、

「ある意味おかしいかもしれない」、ではなく、明らかにおかしいのです。
回答の前提としてその話を持ち出して、しかも「ある意味おかしいかもしれない」なんて形で有耶無耶になさらないで。
偏見の上での批判は、批判ではありません。特に、偏見を偏見だと分かった上での批判なんて、言い掛かりもいいところ。
それは単なる「個人的見解」であって、好悪のカテゴリです。
偏見を持った人間の批判など、議論にもなりません。
ここで高樹様に意見している方たちも、
『オンラインブックマークに対する偏見は解消したし本来のところを理解した、が、やり方がいやだから止めてくれ』
と、偏見の部分はクリアした上で発言していたのではありませんか?
「SNSのことはよく知らないけど、なんとなく好きじゃないから自分は参加しないんだ」と好き嫌いを言ってるのならまだしも、高樹様ははっきりと議論の場に持ち込まれておられますね。
何かお忘れかもしれませんけれど、あなたは以前、SNSに偏見を持ったまま、SNSをされている方を悪く仰っているのよ。

> (私はむしろSNSで批判している人を責めたいです)

今、改めて拝見すると本当に面白いですけれど、高樹様はSNSの実際のところをご存じないのに、SNSで批判している人を責めたい、なんて仰ったのね? 実際にどんな風に言われているかも御存知なかったのに?
これが下衆の勘繰りでなくて、一体なんなのでしょうか?

> もし批判するのであれば偏見があることを公開した上で慎重に行わなければならないと思う。

これが、あなたの仰る『慎重』ですか?
実際にはよく知らないけれど、「SNSで批判している人を責めたい」と仰る事が?
オンラインブックマークの事をよく知らないけれど、なんとなく嫌だから禁止しておこう、とサイトでオンラインブックマークを禁止されていた方たちと、どれくらいの隔たりがあるのかしら?
随分と軽率な慎重ですこと。

話が少し脱線しましたね。

> しかし、SNSとは全く関係の無いオンラインブックマークについて批判するのが
> おかしいというのはそれこそ変ではないか? 


さて、考えてみてください。
『啓蒙活動の軸であるオンラインブックマーク』に関してはしっかり下調べをしているのに、『それとは関係のないSNS』に関しては下調べもなく偏見でお話されるような人の発言を、どれくらい信じられます?

たとえば、
「オンラインブックマークに関しては理屈で記事を書くけど、アイスクリームに関しての記事は理屈で書いてないよ! だって砂糖過多だとかお腹を壊すとか言われても味が好きなんだ!」
と公然と仰られたとしても、読むほうは何の不快感も感じないでしょう。
これを、「理解できない。なんでアイスクリームについて理詰めで好きな理由を言わないんだ?」、と思う人は少数派です。
でも、
「オンラインブックマークに関しては理屈で書くけど、SNSに関しては偏見で書いたよ! だってSNSはなんとなく嫌なイメージだったから!」
と仰れば、「いや、なんでSNSは偏見で発言するんだよ」と思われる方のほうが多いのでは? その偏見が好意的ならば「何言ってるんだろう」で見過ごせても、悪意を含む偏見なら、普通は反発を覚えます。

これでは、高樹様のパーソナリティに対する信用を失いますし、このブログ全体の説得力を格段に下げてしまうのでは?
そう、高樹様の一言一言を、「これってまさか偏見で書いているのか?」「これはちゃんと調べて発言したんだよな?」と深読みせざるを得ず、こちらこそ疑心暗鬼になってしまいそうです。
これなら、知識の誤りからの失言の方が、まだましでした。それならば、ここで晒された方と同様、『不勉強だった』だけですものね。
けれど、高樹様は「偏見でしたけど何か?」と言う姿勢であらせられる。

つまり、高樹様は、日常的には―――言い過ぎかしら、少なくとも部分的には『偏見を訂正せずに、平然と無知なままに行動され、発言する方だ』、と自らを白日の下に晒しただけ。
閲覧者に、そう思わせるような発言をしているのですよ。

長くなりましたので、次のコメントへと流します。
2007/08/16(木) 10:56:07 | URL | 内科患者 #tHX44QXM[ 編集]
A32について 2
今回の高樹様の仰りようは、「塩を使うときは計量をするけれど、砂糖を使うときは目分量です」と言っているようなもの。
いえ、それでは不十分かしら。

もっと悪辣に申し上げれば、高樹様は、
「店に出すものに関しては衛生面にも作り方にも気をつけているけれど、家で食べるものは手も洗わずに作っちゃうし、賞味期限が切れてても平気」
な料理人だ、と言うことです。
自ら議論に持ち出して披露する『オンラインブックマークの話題』に関しては理論武装しているけれど、それ以外の話題である『SNSへの見解』は、根拠が脆弱。
しかもその脆弱が露呈した後でも、持論を揺るがす失言だと認識していない。

今まで、感情的なものを厭ってこられた高樹様ならお分かりかと存じますが、偏見で発言するのは、古い食品を使って汚い手で調理をする、これくらいに最低の事。
偏見は最低です。
論理性を追求しているブログ・サイトでは、偏見と言う言葉を持ち出してはいけません。一言たりとも、そんなことは仰るべきではなかった。それは最も忌避すべき概念です。
だって、偏見って、全然論理的ではありませんものね。

従って、

> あと、自分にはSNSに対して偏見みたいなものがあるのかもしれません。
> 漏れ聞く情報だけで判断するといろいろあるらしいというのはおいといて、
> 仲間内だけで固まるというか外部の人を寄せ付けないと言うか、そんな雰囲気があるような気がするので。
> 多分自分の疑心暗鬼はそこから出たのではと思います(総括の時に詳しくまとめてみたいと思っております)。


この発言は、『人々に正しい知識を啓蒙する』記事を書かれている方の発言にしては、余りにも不用意です。
しかも、高樹様が駆逐したいのは『オンラインブックマークへの偏見』なのでしょう?
なのに、ご自身の『SNSへの偏見』は重要視していないなんて、これほど不思議なことがありますか?

勿論、家ではアバウト(過ぎ)な調理法でも、店に出すものさえ安全で美味しく出来ているならよし、と言う考え方もあるでしょう。
けれど、そういう人は少数派です。
ここ数年、特に、信用問題に関しての不祥事は相次いでおります。
もう、「美味しければいい」と言う時代ではございませんね。
本当に牛の肉なのか? これは新鮮なものなのか? 原産地に誤りはないのか? ダンボールじゃないのか?
このように、信頼と言うものはとても大切な要素になってきています。
そこで消費者が調べるのは、その食物を提供する側の実態ですね。他には、ブランドのものなら安心できるとか、知人づてに頂いたものだから安心できるだとか、そういう安心を求めます。
これは、食物だけではなく、情報も同じです。
情報もブログも氾濫気味の今、記事に書かれている事をそのまま鵜呑みにする人は年々減っているでしょう。検索して一番最初にヒットしたサイトの情報だけを信用する事は、一般的ではありません。
これは本当なのか、嘘ではないか、信用に足る記事なのかを閲覧者は考えます。これほど簡単にネットで発言ができる現在では、情報の発信源が愉快犯である事も、否定できないからです。
はなから信じてもらえなくても構わない、と言うスタンスでしたら問題はありませんが、高樹様は仮にも『啓蒙しよう』となさった方。閲覧者に記事を信じてもらわなくては、お話になりません。
それなのに、ブログ上で根拠も脆弱な発言された、その事をわたくしは

> はっきり申し上げて、このような発言をされる高樹様を見損ないました。

と申し上げました。

「店の料理が衛生的で美味しければいいじゃないか」
そう、確かにそうかもしれません。
けれど、現実に高樹様はSNSについて、失言をしてしまわれた。
自宅で作られた適当なお料理を、うっかりお店に出してしまったんです。出さなければ、わからないものを。

SNS発言以前の高樹様へは、
「その理屈が正しいか正しくないかは置いておいて、何事にも理屈を重視する人」
と言う見解を持っていましたけれど、SNSの失言後は、
「オンラインブックマークに関しては理屈を重視して、SNSに関しては重視しない人」
と言う見解です。
もっと卑近な言い方をすれば、
「なぁんだ、オンラインブックマークに関してはぼろを出さないようにしてただけで、実際にはメチャメチャ適当で感情的じゃん…」
と言うところでしょうか。ここを読まれていて、そう思われた方も多くいらっしゃるのではないかと推察いたします。
社会生活でも、“あの人はつまらない発言をしてしまったけれど、その前に言っていたあの発言だけは信じられる、あれだけは素晴らしい”と思う事は、殆ど有り得ません。
寧ろ、普通は“この間、すごく良い事を言ってたのに、後でこんなつまらない事を言っているのを聞いてガッカリした、何を言われてもなんだか素直に受け取れない”の方が多いと思います。

幾らでも弱みを隠せる、人格を装う事の出来るはずのネット上で、安易に「偏見があるのかもしれません」などと仰られるなんて、どうかしています。
あの発言は、これまでコメントしてきた人間への侮辱です。それこそ、高樹様派(高樹様支持派)に対する侮辱でもあるのでは?
あんな事はわざわざ口にしなければ宜しかったのよ。
気でも緩んでいらしたの?
吟味されての発言だったとすれば、高樹様の管理人としての矜持を疑います。

今後もブログを続けられるおつもりなら、覚悟された方が宜しいですね。
一つでもつまらないことを言えば、ブログにアップされた他の記事の信憑性も瓦解します。

さて、これでご理解いただけましたか?
長々と書き込んでしまい、申し訳ありません。

ところで、以前の内科患者へのレスで、「下衆の勘繰り」などと仰っておられましたけれど、それは致し方ないのでは?
工藤新一様も仰っておられましたが、ノーコメントは立派な主張です。
ですが、一般的に、ノーコメントと言う主張は、高樹様の仰る『下衆の勘繰り』を助長するだけです。それを止める手立てこそが、明確な返答です。コメントに答えるまでは勘繰りは続きます。絶対に続きます。

そして、内科患者の先日の書き込みですけれど、一日お待ち申し上げましたのに高樹様からの訂正はございませんね。
本当にあのコメントで宜しいの? もしそうでしたら、また続きを書き込ませていただきますね。
2007/08/16(木) 11:29:26 | URL | 内科患者 #tHX44QXM[ 編集]
すみません
まだこの記事しか読んでいない状態でコメントさせて頂いております。
このコメントにお返事はいらないです。ただ、少し高樹様にこういうこともあるんだな、とお知らせ(?)したかったというか…。


私はリンクされていたサイトの者です。
そしてサイトを閉鎖&移転しました。

高樹様のお書きになった記事のリンクによってその日からの訪問者数が普段の倍以上になりました。
私のやっているサイトは携帯サイトです。
PCサイトは一日に数百の訪問者数があるのは不思議でもなんでもないことかもしれませんが、携帯サイトは数十。一番多くて百を超えるのが一般的だと思っています。
一言で表せば、怖いんです。
昨日までは50にさえ届かない数が今日になって倍以上の数になっていることは本当に恐ろしいことなんです。
とくにサーチやランキング、同盟にさえ新しく登録したわけでもない。
自分から何をしたわけでもないのに。

晒されているんじゃないか、これは晒しに近いんじゃないか、これで面白半分にやってきた人たちにあらされたりしたらどうしよう。それがずっとありました。
だから閉鎖して、移転しました。
高樹様のせいではありません。
しかし、付随する現象があります。
それをもう少しでも考えたほうが良かったのではないでしょうか。
そんなことネットの世界でいってもしょうがない、とおっしゃられるかもしれませんが、世界中一人として同じ人間がいるわけではないようにネットの世界も同じ人種、考え方の人たちばかりではなく、本当に色々な人たちが自分なりの考えでネットの世界と向き合っているのです。
常識はずれと呼ばれることをする人もいます。
何もわからないままネットに触れている人もいます。
だけれど、その人たちにはどんな考え方でも人それぞれ思うものがあるんです。

当サイトはリンクフリーです、ですがオンラインブックマークはご遠慮ください。と高樹様の記事を読んで、理解した後でもそう表示しています。
後に詳しく利用するなら非公開型で、と表示しておりますが一番にはそう表示してあります。あえてそうしています。
携帯のネットの世界はPCの世界より低年齢化が進んでいます。
小学生や中学生が簡単に自分のHPを持ち、よりリアルタイムに更新しています。
そんな右も左も分からない状態でオンラインブックマークというものを利用されるのは私自身が個人的に嫌だな、と思っているので。
高樹様が間違ったことをされたわけではありません。
記事は本当にまっとうなことを主張していると思います。
けれど原因と結果があるように、何をするにもそれに伴って何かが起こるのです。必ず。
ネットの世界は個人個人が責任を負わなければいけません。
特に多くの人たちに呼びかけをしたいのなら、結果を求める前にどんなことが起きてどう結果、答えまでたどり着くのか、を何通りを考えてそれに対応できる状態で望むべきじゃないでしょうか。
高樹様の主張したかったことが直接的な原因ではありません。
ですが『仮にそうだとしよう。でも高々数十~百数十Hit/日程度のブログにリンクされたところでなぜ閉鎖せねばならないのか? また間違ったことを書いていたのであれば改めればいいし、もし正しいことを書いているという自信があるならサイト上で堂々と反論すれば良い。それをしないで「閉鎖したからお前の責任だ」と言われても理解できない。』とのお答えに少しこういう考えの人間もいるんだ、ということを知っていただきたいと思ってコメント致しました。
私は閉鎖したからお前の責任だ、というつもりはありません。そんなのお門違いですから。
ただ、反論や自分なりに高樹様へのリアクションをとる前に、それによって起きたこと、起こるかもしれないことが怖いんです。
決して閉鎖したサイトはゼロではありません。

長々と失礼しました。
2007/08/22(水) 10:07:26 | URL | #-[ 編集]
こんばんは、高樹さん。気になってるところに関してコメントさせていただきます。

Q6:こんなことをして、恥ずかしいことだと思わないのか?
A6:いいえ。自分の記事の参考のためにリンクしたのがなぜ恥ずかしいのか?


なぜ恥ずかしいかと言うと、
1)自分の記事にそのままではインパクトが足らないと自覚しており
2)なおかつ記事の質を上げるまっとうな努力をさらに積み重ねる代わりに
3)リンクされたサイト主さんたちが不快に思ったり嫌がったりする事を十分に予想した上で
4)『リンクは自由』と言う賢人の意見を盾にして
5)インパクトを与えるためだけに安易にたくさんのサイトさんにリンクした

と言う姿勢が恥ずかしいと質問主さんは思われたのではないでしょうか?このような姿勢で記事を書くのはテキスト書きとして恥ずかしい事です。
ここまで説明してもまだ高樹さんは恥ずかしいとは思われませんか?


Q10:何の権限があってこのように晒し上げているのか?
A10:A1~4で答えているが、自分の意見の参考リンクとして。またリンクすること自体に許可は不要なはず。


これは自分の意見の参考リンクであれば、晒し上げには問題が無いと言う事でしょうか?参考であるか無いかは晒し上げが許されるかどうかとは別の話ではないでしょうか?

例えば、『プロフで個人情報を晒している女の子たちは馬鹿なことをしている!』と言う記事を書く際に参考リンクとして100件程度そういった女の子のプロフにリンクする事は晒しではないとお考えでしょうか?


また間違ったことを書いていたのであれば改めればいいし、もし正しいことを書いているという自信があるならサイト上で堂々と反論すれば良い。

大変ご立派な見解ですが、なかなか実行するのは困難な事とは思われませんか?なぜ赤の他人のサイト主さんにあなたがそのような困難な事を要求するのか私には理解できません。


コメント頂けると喜ばしいですが、先にコメント待ちの方々が大勢いらっしゃいますので気長にお待ちしています。


2007/08/23(木) 20:59:18 | URL | ですぺらーど #ZnCl9.rg[ 編集]
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。