ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200608
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 前回の記事より間が空いてしまい、またその間レスができなくて申し訳ない。決してこの件をおろそかにするつもりはないのだが、最近仕事が忙しくて平日はレスできないので(と、言い訳しておく)。

 さて、前回は「そもそもそういうことをやったこと自体が間違いだったのだ」という意見を脇においておいたが、今回はそれに関して検証してみる。またその間にいただいた質問に関してもこの記事において答えることにする。
・そもそもこういうこと(大量リンクしての意見主張)をやったこと自体が間違いだったのか?
→経緯を見れば一目瞭然であるが(また私にとって大変不名誉だが)、結果として間違いであったと認めざるを得ない。「そのくらい予想できなかったのか?」という考えもあろうが、そこまで思い至らなかったのは私の不徳のいたすところである。

・追記追記でやり方をころころ変えたのは間違いだったのではないか? 
→確かにコメント等いただいた意見に振り回された感はある。やってることがやってることだけに「じっくり考えてから修正」ということをする余裕が無かったということでもある。「それがわかっていながら、よく考えずに始めたのは良くない」という意見については認めざるを得ない。

 まあ結論としては、下記に記した「効果と副作用」の通り効果に比して弊害が多すぎ、よってやり方としては良くなかったのでやるべきでは無かったと考えている次第である。
(2007/09/30修正。以前は「今回のやり方はあまり良くないやり方であり、副作用や周りにかける迷惑を考えるとやるべきでは無かったと考えている次第である。」としていた)

※以下2007/09/16~随時追記 上記において「副作用とは何?」という解説を何もしていないことに気付いた。「わかっているもの」という考えがどこかにあったのでこうなったのだが、やはり書かねばわかってもらえないと思い直したので、ここで副作用や効果(主作用)について書いてみることにする。
 「もっといい方法があるので、そちらでなくこちらを採用したことは間違い」「そもそもやり方にかかわらず行為自体が必要なかった」などの意見に対する一つの答えになるのではとも思うので。

効果(主作用)
・意見の主張の裏付けとしてリンク先を確認してもらうことができた。
・リンクフリーなのにオンラインブックマークお断りの記述がおかしいということをある程度「知らしめる」ことができた。
・オンラインブックマーク禁止という記述に対し不快感を示す者がいるということを「知らしめる」ことができた。
※注:上記「知らしめる」には威圧的なニュアンスを含んでいます

副作用
・ものすごい反発を食らい、コメントスクラム状態となった。
・リンクされるのが嫌さに記述を改めるサイトがあった。
・移転や閉鎖するサイトがいくつかあった。
・むしろ反発して「記述を改めない!」というサイトもあった。
・大量リンクが晒しであるという批判があり、主題がそちらの方にそれてしまった。
・「知らしめ」たため、「正しいと思うがする気になれない」という意見があった。

 上記に関して一応日記みたいな感じで…さんから意見をいただいた。

正義は人の数だけある。
1.総括4で効果と副作用についてまとめてありましたが、それに関連して重箱の隅をつついてみる。
総括2のコメント欄にあった「2・3個のサイトを上げてつるし上げるよりも、対象が分散された」を利点として追加してはどうでしょう?(効果とはちょっと違いますが)
また、副作用として「オンラインブクマ禁止の存在する文化圏(≒女性向け同人サイト)全てを相手にすることになってしまった」なんていうのは。(全てとは言っても記事を見た人だけですが)
分かりにくい言い方ですみません。今回の大量リンクの副作用というより、大量リンクをすることそのものの欠点と言いましょうか。リンク先の意見を十把一絡げにしてしまうことで、記事を見た人のうちリンク先のコミュニティーに属する人々も、個々人の意見よりも全体としての意見を無意識に優先させてしまうのではないでしょうか。
「ものすごい反発を食らい、コメントスクラム状態となった」「大量リンクが晒しであるという批判があり、主題がそちらの方にそれてしまった」などの原因がここにあるのではないかと思います。


 さて、後はコメントで頂いた質問に答えていくことにする。なお、Q32までは総括1:コメント欄での質問に対する答えの方に書いてあるので見てほしい。

Q33:「少数のサイトにリンクしての批評はするかもしれませんが」とあるが、また同人サイトをここにリンクするという意味なのか?
A33:「オンラインブックマークお断り」等と書いてあるというだけのサイトをリンクするつもりは無い。ただし、明確な根拠(正否は別として)を挙げて「オンラインブックマークは同人サイトを破滅に追い込む行為です」等と書いてあるサイトについて、その根拠を批判するためにリンクするということはあるかもしれない。

Q34:記事の質を努力をしないでインパクトを与えるためだけに安易にたくさんのサイトにリンクしたことは恥ずかしいことだと思う、あなたはそうは思わないのか?
A34:質問への回答は差し控えさせていただく。あなたが「そういうことは恥ずかしいことだ」と考えているのは分かったので、ご意見として賜っておく。

Q35:『個人情報を晒している女の子たちは馬鹿なことをしている!』と言う記事を書く際に参考リンクとして100件程度そういった女の子のプロフにリンクする事は晒しではないと考えているのか?
A35:晒しであるか無いかについてはノーコメント。ただし今回のやり方と同じくあまり適切ではない方法であり、少なくとも私は今後やるつもりは無い。

Q36:「また間違ったことを書いていたのであれば改めればいいし、もし正しいことを書いているという自信があるならサイト上で堂々と反論すれば良い。」とあるが、実行するのは困難では?
A36:少なくとも「間違ったことを書いているから改める」のを実行するのが困難だと思わない。「正しいことを書いている自信があるから反論する」のは少々困難かもしれないが、正しいという根拠をネット上等から探してくればいいので無理では無いと思う。困難だとすれば「一部のサイトの記述を盲信した」「明確な根拠も無く周りに合わせて書いておいた」などの場合であろう。

Q37:オンラインブックマークについての説明ページをブログの一部でなく作る気はあるのか?
A37:もちろんその気はあるが時期は約束できない。ただ「そういうこと(今回の大量リンク)をやった人の書いたサイトなど信用できない」という意見もあるようなので少々考えている。

Q38:他サイトへのリンクを、そのサイト主の意志に反して「押し付ける」のは失礼では?
A38:確かに今回に関しては行き過ぎがあったと思っている。でもあくまで自分のサイトの参考として(例えばQ37の説明ページより)リンクすることは問題無いことだと考えている。

※2007/09/07追記 Monpan Blogからトラックバックあり。私自身や私のブログに対して意見を述べるのは「どうぞご勝手に」なのだが、事実誤認はいかんなぁ。※ブログ名を書き間違えておりました。申し訳ありません。

高樹氏のお返事を期待していましたが
高樹氏の記事に対して前記事と同日TBされた
悶絶記『正直、目が滑る』では、
中途半端な部分で噛み付いてるし。
つけられたコメントにしても、
高樹さんの回答を伺いたいものには
まったく触れず、新記事を起こされている。
 全く触れてないわけではなく、この記事にて拾い上げて(Q33~38)回答している(A33~38)のだけれど(それ以前のことを言ってるのならば総括1:コメント欄での質問に対する答えで答えている)。
 まあ「高樹氏の記事」と書かれている総括3:今回の反省点と「新記事」の総括5:さてこれからの間にあるこの記事(総括4:そもそも最初から間違い?)を見落としたか失念していたのではないだろうかと善意に解釈しておくことにする。あと、
これから提起されるであろう『晒し』や『マナー』論も
結局の所、自分の主張を啓蒙と称して
声高に述べるに止まるだろう。
 これに関しては「独り善がりにならず有意義な記事にしてほしい」というエールであると受け取っておく。

おまけ:「目が滑る」って?
 悶絶記さんよりのトラックバックに「目が滑る」とあったがどういう意味なのだろう? と思って調べたら2つほどそれらしきものが出てきた。

新和言【にいわごん】 - 言語学@2ch
目が滑る:うっかり見落とす
事象の地平 - むっちゃんのページ
目が滑るとは、一応目は字を追っているのですが、全然頭に入っていない状態をさします。
 文脈から察するに後者だと思うのだが、自分の文章はそんなに読みにくいのだろうか? と考えてしまう。今後の記事を書く際には意識せねばなるまい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
記事を拝見させて頂きました。
こんにちは。
お忙しいなか、本当にお疲れ様でした。
そして、私の質問にも回答して頂き、ありがとうございました。
今回の記事を読ませて頂きました。

私個人の考えとしては、自分では荷が重いと感じたら
この件については関わるのは止めてもいいと思います。
ただし、そのときは
~認めざるを得ないなどと、曖昧なことばを使わず
はっきりと謝罪のことばを口にすることが大切である、と私は思います。

しかし高樹さんはこの件についておろそかにするつもりはない、と
お考えなのですね。それでしたら提案なのですが
高樹さんはもう少し、気楽に考えてみてはどうでしょうか。
例の危険性サイトは閉鎖しましたね。
たしか閉鎖してからまだ、一ヶ月程度でしたか。
そして、新たに総括サイトも出来ました。
どうでしょう。気長に、見守ってみませんか。それも選択肢のひとつです。
正しい考えでも、受け入れてもらうのは、とても難しいです。
そして、まだ未熟な人間や、弱い人間もいます。

人間だれにでも失敗・間違いはあります。
私も沢山失敗してきました。今もいっぱいしています。
高樹さんからしてみれば、まだまだ若輩者のひよっこであります(笑)
そんなひよっこさんたちを見守ってみませんか。


最後に、ここからは逆に
オンラインブックマークに対して過剰に反応される方へのメッセージを送りたいと思います。
少し高樹さんへ向けても書いていますので、もし良ければ読んでくださると嬉しいです。
(これは私自身、自戒もこめて書いています)

インターネットは基本的に自己責任の世界です。
ネット上にはさまざまな情報が溢れています。
それが、嘘なのか、真実なのかはわからないことです。
ネット上での情報に振り回されず、まず自分で考え、調べることが大切です。
自分の価値観だけで判断しては危険です。
狭い世界に閉じこもってばかりではいけません。

みんなが書いているから等、安易な気持ちで書いてしまうと
不要なトラブルを招いてしまいます。
そして、いざ自分が突っ込まれたときに慌ててしまうのです。
自分で考えなかったから。調べる努力を怠ったから。
その結果、自分にとって不愉快な結果であったとしても
認めなければなりません。

そして反省することも大切だと思います。
反省とは、次に同じ失敗をしないように気をつけるということです。
そして非を認めることです。私は、反省とはそういうものだと思っています。

オンラインブックマークはご遠慮くださいというのは、管理人のわがままです。
お願いしているからといって、相手が聞いてくれるとはかぎりません。
どうしても嫌なのであれば、自分で勉強して自衛するしかありません。

私は今まで高樹さんに向けてメッセージを送っていました。
啓蒙活動として、相手に受け入れられるようなやり方を目指して欲しいと。
しかし同人サイト側も、相手の意見を受け止めなければいけません。
自分にとって、受け入れられない意見にも耳を傾けなくてはなりません。
けして、自分の味方をしてくれる人だけを見て、それに甘えてはいけません。

私も同人サイトを運営していますが、有料サーバーで、メタタグ、ロボテキで検索避けを
行い、あとは何かあったときのために、.htaccessを使っています。
(ちなみに私は別にオンラインブックマークについては特に気にしておりません。
検索避けはなるべくひっそりやりたい、程度の気持ちでしています)



怖がられる方も、もっと気楽に考えてみてはいかがでしょうか。
だけど、やっぱり怖い。嫌だ。というお気持ちはよーーーく分かります。
私も臆病者なので(笑)
しかし、繰り返しますが、嫌ならもっと自分で勉強して自衛しなくてはなりません。


厳しいことを言いましたが、上で言ったとおりそんなに神経質にならずに
もっと肩の力を抜かれてもいいと思います。疲れたならお休みなさってもかまいませんしね。
(自分ではネットでサイトを公開するのが、困難と感じたら使わないという選択肢もあります)
それに、みんな自分が思うほど、他人のことなど実は気にしていないものです。
なにより、趣味のサイトは楽しくやるのが一番ですからね!


長々と失礼いたしました。生意気で不躾な発言もあったかと思います。
あくまで一個人の考えとして受け取ってもらえると嬉しいです。
記事と関係ないと判断されたなら削除してもかまいません。
2007/08/27(月) 22:44:13 | URL | ホイミン #kAPDZZqE[ 編集]
毎日のお仕事お疲れ様です。「総括4」、拝見致しました。


前回の「総括3」にて、私は川に例えて「汚染の原因が源流にあるなら、まずそこを正す必要がある」といった内容の書き込みをしましたが、高樹さんもきちんとその事は考慮に入れられていたのですね。

「総括2」の文末にあったような予告が今回は見受けられなかったので、つい「えっ、源流の調査は無し?」とすっかり早とちりしてしまいました。


今回の記事の中で高樹さんは

・大量リンクしての意見主張は誤りだった
・「じっくり考えてから修正」ということをする余裕が無かった
・それがわかっていながら、よく考えずに始めたのは良くなかった


と反省点を取り上げ、そのまとめとして以下の様に結論を出されています。

>まあ結論としては、今回のやり方はあまり良くないやり方であり、副作用や周りにかける迷惑を考えるとやるべきでは無かったと考えている次第である。

「副作用」…確かにそんな感じですね。
本来の目的を飲み込んでしまうような、大きな副作用でした。
今後はこの薬は使わないほうが良いでしょうね。

突然ですが、「PDCAサイクル」という言葉をご存知でしょうか?

製品やサービスなどを企画・開発する際、「計画(plan)→実行(do)→点検(check)→改善(action)」の手順を繰り返してベターまたはベストの状態を作り上げていく、といった概念です。
この考え方は企業単位での製品開発に限らず、個人で何か一つの事をやろうとする時にも当てはまるものだと思います。

もちろん、今回の高樹さんの行動にも、です。

P:「オンラインブクマ禁止」を撲滅しようと思い立った
D:大量リンクをしたところ、大きな反発が起こった
C:副作用や周りにかける迷惑を考えるとやるべきでは無かった ←今ここ


さあ、これからは「A」の段階に入ります。
A(=action)で「Cで検証した問題点」を改善・修正するために必要な措置を行い、2周目の「P」に引継ぎます。

高樹さんがご自分で洗い出した問題点を元に、今後どのようなaction→planが行われるのか、とても興味深く思っています。


早めにレスをつけようと思ったのですが夏風邪を引いてしまい(バカなもので…苦笑)、少し遅くなってしまいました。

どうぞ高樹さんもお体にはお気をつけ下さいませ。
2007/08/29(水) 09:06:10 | URL | 工藤新一 #/7WuZ2ew[ 編集]
「オンラインブクマ禁止」と言う事とその理由が間違いだ。という事は理解できるのですが、
そういう同人界の思想・慣習を根絶しようと言うのも、
高樹さんの一思想にすぎないので、これを啓蒙と位置づける事に疑問を感じます。

某宗教で禁忌とされている事柄を、
実際には害もなくむしろ有益なのだから実行しなさい、と
訴える事に似ています。
人が何かを信じて縋る気持ちというものは、
正論理論でどうにかできるものではないと思いますので。


とりあえず、総括の感想を一言で述べるならば、『木を見て森を見ず』と言う感じがします。
2007/08/29(水) 10:14:46 | URL | M #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。