ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 以前「オンラインブックマークお断り」と「リンクフリー」を併記しているサイトを大量にリンクし、その表記はおかしいのではないか? と訴えた記事を書いたことがある(今はリンクを外している)。その際「これは晒しではないか?」という意見があり、そしてアンケートをとってみたのだが、まあ賛否両論であった。
 それでというわけではないのだが、どうも晒しというものについての基準が曖昧ではないか? また本来そう呼ぶべきではないものまで晒しと呼んでいるのではないか? という思いもあったので、晒しというものについて自分の思うところをまとめてみることにする。それによって何らかしらの基準のようなものが見えてくるのではないかという期待をこめて。
 とはいうものの、範囲が広すぎて論が分散するのでは?

 そういう懸念もあると思うので、ここでは「公開されたサイトのURL等を、本人の意思に反して無断で広く公開すること」に限定して論ずることにする。「非公開のものを本人の意思に反して公開」するのは論ずるまでも晒しであるし、また本人の承諾があれば「本人の意思に反して」はいないわけで晒しではあり得ない。
 というと、「それって無断リンクとどう違うの?」と思われるかもしれないが、まさにその通りである(無断という言葉の是非はここでは論じない)。また「広く」に関しては多少主観的であるが、閲覧者十数人/日のサイトに対して閲覧者百人前後/日のサイトからリンクした場合も「広く」と言えるという考えもあるので、これはあえてそのまま使うことにする。

 意見その1:「引用」に相当する場合は晒し呼ばわりすべきでない

 さてリンクにもいろいろあるのだが、他人の意見を紹介した上でそれに関して批判・賛同等自分の意見を述べるという形式のものがある。その場合特に批判等否定的な意見がつけられた場合に「晒し」と呼ぶ人が多いようである。でもそれでいいのだろうか?
 本などで他人の意見を批評等する場合、その意見を引用して行うのが普通である。引用という言葉についての詳しい説明は他に譲るが、要するに相手の意見の必要部分を抜き出して転載することである。というと「相手の意見にも著作権があるから、それは著作権の侵害では?」となるところだが、これに関しては著作権法で認められている(条件を満たす限り無断転載できる)。
(引用)
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
(出所の明示)
第四十八条 次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。

一 第三十二条、(略)の規定により著作物を複製する場合
(ニ、三は略)

2 前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。
 ここでの鍵は「公表された著作物」「公正な慣行」「正当な範囲」「出所の明示」いうことであろう。要するに公表された著作物を公正な慣行に沿って必要な範囲のみを転載し出所を明らかにする限り、それは「引用」として認められて違法にならないということである。従って相手の論を批判するために必要部分のみを引用して批判するのであればかまわないということになる(だからといってめちゃくちゃにこき下ろしていいというものではない。著作権上はともかくとして名誉毀損などになることがあり得る)。

 さて、Webの場合はどうであろうか? URLを入力してアクセスできる限り「公表された著作物」であることに疑いは無いし、であるなら「引用」に関しては何の問題も無い。「公正な慣行」とは引用部分とそうでない部分をはっきり分けることなどで、<blockquote>タグなどで引用部分をくくる場合が多いようである。
 そして「出所の明示」である。Webにおいて「その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度」というのはすなわちURLを提示してアクセスできるようにすること、つまりリンクすることである。またリンクすれば著作者名が明らかになるので(でなければ無名の著作物である)、その意味からも合理的な方法であることは言うまでも無い。

 ということで、Webにおいてアクセスできる意見を引用して批判等する場合に元サイトにリンクするということは大変妥当であるし、またそうすべきであろう。従ってこの形態のリンクを「晒し」呼ばわりして非難するというのは間違っているのではなかろうか?

その2に続く)

※追記 ekkenさんが興味深い記事を書いている。丁度同じテーマなのは偶然?
晒されるのが迷惑なわけじゃない、荒らされるのが迷惑なのだ
スポンサーサイト

テーマ:web制作 - ジャンル:コンピュータ

この記事へのコメント
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。