ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 以前、私は「リンクフリー」と「オンラインブックマークお断り」の両方を掲げるのは矛盾であると主張し、またその主張の参考としてそれらのサイトを大量にリンクしたことがあった(リンクフリーなのにオンラインブックマーク禁止とな?)。そのリンクしたことに関して大量の抗議が押し寄せ、またアンケートをとった結果「それは止めた方が良い」という意見が多かったこともあってリンク自体は外したのであるが、それについて振り返って考察してみたい。
確かに迷惑をかけたのは事実。だが……

 きっちり数を数えたわけではないが、私がリンクしたのと同時期に(おそらくそれらのいくつかはそれをきっかけとして)閉鎖・移転したサイトがいくつもあったというのは事実である。まあもちろんそれらを「過剰反応」と切って捨てるのは簡単だが、確かにその意味では多大なる迷惑をかけたと思っている。
 しかしながら、これに関してはいろいろな人が騒いでくれたおかげでこの問題が広まったというのもまた事実ではないだろうか? 例えば以下のような人たちもいたのではないかと思っている。その意味では、騒いだ人たちや私を非難した人たちに対して感謝をせねばならないかもしれない。

1)周りに合わせて何となく「オンラインブックマークお断り」と記述していたが、この騒ぎを耳にして自分なりに調べてみた。
2)記述こそ改めなかったものの、この問題について何が正しくて何が間違っているのか考えてみた。
3)そんな些細なことでこのような形のリンクされたくないので、本心はともかく記述は取り下げた。

 1)2)に関しては、意図したことでは無かったがこの方法による効果なのではと思っている。3)に関しては効果というわけでは無いだろうが「周りに対する悪影響が減った」と考えれば一種の効果とも言えるのではないだろうか。オンラインブックマーク関連のキーワードで時々検索したりしてみるのだが、確かに流れは変わってきているような気はしている。

 とはいえ、これは「荒療治」であってそうそう乱発していいというものでは無いし(かつてあった問題に例えるならば「提言騒動」レベルならばあるいは……とも思うが)、やった人は必ず悪者になること請け合いなのでお勧めはできかねる。

何が自分を突き動かしたのだろうか?

 さて、この自分にとって一銭の得にもならないことを(それどころか非難されただけ損である)なぜやる気になったのだろうか? と考えてみたのだが、やはり「間違った理由を元に他人に対して理不尽な要求をしている」サイトが多すぎる、そしてその原因が間違った「啓蒙」サイトである、というのがどうしても許せなかったということだったような気がする。
 言い換るならそれは正義感なのではとも思うし、それ故にか「オレ正義(自分勝手な正義の主張の意か?)」と言われたりもしたのであるが、やはりこれは(手段の正邪はともかくとして)誰かがやらなければならなかったことではなかろうか? その意味でその当事者になれたのは良かったと思っている。
スポンサーサイト

テーマ:オンラインブックマーク - ジャンル:コンピュータ

この記事へのコメント
的を得ているものでも、一般的でないと叩かれる事もありますよね。
2008/02/06(水) 18:04:08 | URL | かおり #O0aXmd32[ 編集]
遅くなりましたが
コメントありがとうございます。
「的を得ているけど一般的でない」というのは私の主張・行動のことでしょうか? だとしたら選んだ手段によって迷惑をかけたことが叩かれたということだと思います。
それとも例の「啓蒙」サイトのことでしょうか? だとしたら、主要な部分に間違いがあり、またそれを指摘されても改めず放置したという点において「的を得」ているとは言いがたいのではないでしょうか。詳しくはこちらをご覧下さい。
http://blunderer.blog54.fc2.com/blog-entry-62.html
2008/02/12(火) 21:25:08 | URL | 高樹ひろむ #yu0f4SLA[ 編集]
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。