ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 よく二次創作というのを見かける。やってる人にとっては自明のことだが、他人の作品の人物や世界観等の設定をそのまま使って自分の作品を創作することである。
 そういうのは著作権的にどうよ?というのは置いといて、なぜ二次創作? というのをもう一度考えてみてはどうか。 その(元の)作品が好きだからというのならいいと思うが、設定を考えるのが面倒だからという人もいるのでは? そういう場合、どうかすると元の作品のイメージを傷つけてしまったりしかねないと思う。

 そこでシェアワールドである。作品の世界観を公開し、それに沿ってある程度自由に創作してもいいよというもの。これも一種の二次創作とも言えるが、原作者(シェアワールドの考案者)が設定の使用を許諾しているわけだからその範囲内において自由に創作・発表してもいいわけである。
 もちろん自分も手を染めてみたが、自分の好みに合ったものを選べばこんなにいいものはないと思う。 具体的にどのようなものがあるのかは「シェアワールド」「シェアードワールド」などの語句で検索してほしいが、自分が書いてるのは「華代ちゃん」。
 華代ちゃんという女の子が出てきて他人の悩みを聞き願い事をかなえようとするが、その際その人の性別を変えてしまう(主に男→女)というものである。なぜそうするのか? という理由、そしてそうされてからどうなる? という出来事などを書いていくことによって物語を作っていくというものである。

 詳しい設定についてはこちらを参照してほしい(考案者の真城悠さんのサイトへリンク)。
http://www7.plala.or.jp/mashiroyou/kayo_chan00.html
 また華代ちゃんの作品を読んでみたいという方はこちらを参照。
http://blunderer.web.fc2.com/link/kayo.html
 全部合わせれば200編近くはあると思うので読み応えは十分なはず。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

この記事へのコメント
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 以前シェアワールドの勧めという記事を書き、そして時々検索エンジン経由で訪問者があるのだが、本来のシェアワールドは以前書いたように誰でも書いてもいいという意味では無いらしい。シェアード・ワールド - Wikip
2006/12/03(日) 00:08:48 | ドジっ子Watcher
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。