ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 私が無料ATMを妨害? いいかげんにしろ!の記事で70件余りのトラックバックを打ったことについていろいろな意見をいただいた。その中で代表的なものを紹介する。

賛成:こんなに多くの人がこの問題に関心を持っていることがわかった。
反対:70件余りのブログに対し、個々の記事への言及なくトラックバックを打つということはスパムと同じ。
 賛成意見に関してはまさに私が狙っていたことであるのでその意味では目的を達したと言えよう。問題は反対意見の方である。はたしてこれは量の問題? それとも質の問題?

量:70件余りのブログに対し
質:個々の記事への言及なく

 「理屈と膏薬はどこにでもつけられる」と言われるだろうが、ここで私なりの理屈をこねておく。
 まず量に関してであるがその程度の量が当り前の世界もあるのである。嘘だと思われるのも何なので以下に引用しておく。

ライブドアブログのトラックバックスパム防止策導入についての文句をローゼンメイデン風に書いてみる by TERRY オブ レジェンディア
真紅「このブログのローゼン記事平均TBは60ぐらい、響鬼記事に至っては100を越える日もあるわ、そうするとその分だけURLを本文に書かないといけないわ!それにいくらURLを書いても打ち漏らしは回避できないわ!」
 質に関しては以前書いたのでそこから引用する。引用の中に引用が入るが勘弁してほしい。

関連ページTB? 検索TB? TBスパム? by ポリバケツブルー
読者の興味対象はエントリ自体ではなくてその作品そのものだとしたら、トラックバックとしてぶら下がっているエントリも、トラックバックを受けたエントリも等しく読者の興味対象に言及したエントリとなるので問題が発生しないのではと!
 無料ATMに関する記事も、この引用文の「作品」を「ニュース」に置き換えればそのまま成立すると思う。だから上記も感想系だけでなくニュース評論系にもそのまま適用できるのではなかろうか。

 と、そう考えると量や質の問題とは言い切れないのではと思う。

 だとするとあと残るのは何? ということになるが、トラックバックした記事の内容とトラックバックする目的であろうか。
 少なくともトラックバック先の記事としては三菱東京UFJ銀行が東京スター銀行等の無料ATMを妨害しようとしていることに対して意見を書いている記事ばかりを選んだつもりであるし、自分の記事の内容もそうであるからその意味での問題はないはず(まあ銀行に損害を与える方法など書いてるから反発を食らったという考えもあるのだが)。
 あとはトラックバックする目的だが、あくまで意見の集約を目指したものである。みんなが意見をバラバラに述べているだけではやはり説得力が薄いと思ったのでそれを自分なりにまとめてみたということなのである。
 また実際に議論の呼びかけを目的としてトラックバックを打った例があるとのこと。
第11回:議論の呼びかけはトラックバックスパムか? by 松岡美樹:ブロバンよろずウォッチング

 さて、ここでみなさんに問いたい。このようなことがもしマナー違反であるなら、どのようにして意見の集約を行ったらいいのであろうか? 「対案(代案?)の無い反対はするな」という気は無いけれども、それだけ自信を持って反対される方々はさぞかし立派な意見をお持ちであると思うのでぜひ知恵をお借りしたいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ:☆~トラックバック~☆ - ジャンル:ブログ

この記事へのコメント
スラドから来ました。今回の件は例外 vs 例外だと思う。両オーナの原理原則に合わない例外事態が発生しただけ。自分の原則が正しいと原理主義をするより、例外は例外として処理すれば良い。この件は事前ではなく、事後処理に失敗している。真の問題は「トラックバックに相手が疑問・不快を示したら?」だ。これは単純に謝って削除を依頼すれば解決する。大量のトラックバックは反感をかわない様に行う。苦情に対しては真摯に対応。これがマナーというものだ。
2006/09/27(水) 18:40:01 | URL | metta #q/K1ogy6[ 編集]
B-1.情報集約文化圏
などというのを勝手に考えてしまいましたが(^^)
B、関連仲間文化圏:必ずしも言及・リンクはしなくて良い。同じ対象に関する記事であれば良い。
に、
『同じ内容と思われる情報のクラスタ化、議論の集約等を目指す』
目的をもって、結果としてトラックバックを大量にpingするわけです。
つまり高橋さんは、トラックバックの機能を情報集約のツールとして捉えているのだと私は思っています。

さて、こうまで意見が違うと「我は我、汝は汝」という議論にいずれは終着してしまのでしょうけれど、
まぁまぁそんなことは言わずに、せっかくの機会ですからこれからももうちょっと掘り下げていけたらな、と思います(^^)。
2006/09/28(木) 09:57:19 | URL | Ko-Por #JgjQtgTw[ 編集]
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
コメントで「掲示板」って書いたのが消されてしまったのでトラックバックで。だから「掲示板」ですってば。ブログ(=自分の家)で演説をしますよという大量トラックバック(=広告...
2006/09/28(木) 15:44:37 | てくてく糸巻き
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。