ドジっ子Watcher
「スーパードジっ子Company」の更新情報、ならびに自分が書きたいことなんでも。
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200608
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| コメント:- ブックマークに追加する
 自分は以前「無料ATMを妨害? いいかげんにしろ!」という記事において関連すると思われる記事を検索して片っ端からリンクし、それらの記事にトラックバックを送るということをしたことがある。好意的な反応も結構あったが、「それはスパムと同じだ」等の否定的な反応も多かった。良かれと思ってしたことではあるが、嫌う人も多いようなので今後はよほどのことが無い限り同じようなことは止めようと思っている。
 ところが何と、それを自動的に行うスパムトラックバックが現れたとのことである。
新手のスパム~言及もどきトラックバックスパムにご注意を by 忘却防止。
 トラックバックを送るときはトラックバック先の記事に言及かつリンクすることが基本であると教えられてきましたが、このごろは「言及リンク文化圏」を装った一見合法的とも思えるスパムが現れているようです。
なぜこんな記事が自分のブログにトラックバックを送ってきたのだろう、画面をスクロールしていくと不自然なことに気づきました。

「モチベーション」という語句が含まれるブログの記事がかき集められているようです。
 問題のスパム元ブログはこちら。この記事と似ている記事というコーナーを設け、そこにトラックバックがあったごとくいくつかの記事を機械的に引用してリンクを表示するという手段を用いることにより言及リンクのチェックをすり抜けているようなのである。
 でもこれは忌み嫌われる行為である「キーワードトラックバック」ではないか。せめて内容を読んで自分の記事に関連があるブログのみにトラックバックを送るようにしたのであればまだ言い訳もできようものであるのに。

 ……と書いてみたのだが、よく考えるとこれは引用とはいえないのではないか。相手の記事をただ転載しただけであってそれに関しての言及やら批評やらが全然されてないのであるから。

※2006/12/07追記 どうやらその大量リンク記事、「トラックバッカー」なるソフトによって作成されたもののようである。これがその例(in トラックバッカー作者ブログ)。まあ作者は確信犯なんだろうから何も言うまい。

※2007/01/18追記 この問題に関しての記事を発見したので、リンクの上トラックバックを送ることにする。自分の以前したことの反省の意味もこめて。
スパムトラックバックの基準について - 児童小銃
。。。というか本当に「自分の書いた記事に関連する」記事かどうか判断してトラックバックしてるんですかね? 僕にはピュア子の飼い主さんがトラックバック先の記事をちゃんと読んだ上でトラックバックしているとは思えません。「少年法」で検索してヒットしたのを片っ端から貼り付けただけじゃないんですか?
スポンサーサイト

テーマ:トラックバック - ジャンル:ブログ

この記事へのコメント
気になったのですが
こんにちは。

>この問題に関しての記事を発見したので、リンクの上トラックバックを送ることにする。
参考としてリンクを載せるのはよしとして、「リンクを載せたら直接言及なくともトラックバック」、それがまさに「言及もどきトラックバック」ではないのですか?「自動引用」ではないにしても。
2007/01/19(金) 06:03:13 | URL | sugar #TEqExUC2[ 編集]
以前こういう記事を……という意味だったのですが。
「自分も以前同一の(もしくは類似の)話題について記事を書いたことがあります。参考になるとおもいますのでぜひ読んでいただきたく……」という意味でのトラックバックだったのですが、これも良くないんですかね?
もちろん私の記事も読んでの上でのご意見であるとは思うのですが。
2007/01/19(金) 13:39:45 | URL | 高樹ひろむ #yu0f4SLA[ 編集]
もちろん
「相手の記事をちゃんと読んだ上で」「関連の高い話題である」点で、「検索トラックバッカー」と一緒にするのは失礼かとは思ったのですが、「相手の記事」についての直接的な言及がないじゃないですか。この記事自体、失礼ながら「こういうものがありましたよ」という紹介だけに終わっているので、先方の記事を書いたかたにも先方の記事の読者にも「新たな何かを渡すことがあるのかな」と気になったのです。
他の話題ならともかく「言及もどきトラックバック」についての記事ゆえ、ご意見伺いたく思います。
2007/01/19(金) 14:39:05 | URL | sugar #Tst6vd0c[ 編集]
なるほど。
ご意見はわかりました。が、直接言及が無いからといってトラックバックすべきでないとするのはあまりに原理主義的ではないかと思うのですが。
この件に関しては、改めて記事を起こしたいと思います。
2007/01/19(金) 18:54:38 | URL | 高樹ひろむ #yu0f4SLA[ 編集]
新しい記事を待ちたいと思いますが
>原理主義的
単純に判断するとそう返されることも想定できましたが、

>「言及もどきトラックバック」についての記事ゆえ

この部分と

>、先方の記事を書いたかたにも先方の記事の読者にも「新たな何かを渡すことがあるのか

この部分についても考察していただければと存じます。

私自身は迷ったときは「相手に何かを渡せるのか」を判断材料にしております。
2007/01/19(金) 19:13:44 | URL | sugar #Tst6vd0c[ 編集]
修正ができないので連続投稿すみません。
(修正)私自身は迷ったときは「相手に何かを渡せるのか」を判断材料にしております。特に後からリンクを追記する場合は、注意が必要だと考えます(新たに記事を起こすことを優先します)。
2007/01/19(金) 19:17:19 | URL | sugar #TEqExUC2[ 編集]
新たな記事を書きました。
とりあえず今回の件に関して自分の考えを書いてみました。ご意見をよろしくお願いします。
http://blunderer.blog54.fc2.com/blog-entry-87.html
2007/01/19(金) 20:44:36 | URL | 高樹ひろむ #yu0f4SLA[ 編集]
コメントを投稿する(記事に関係無いコメントは荒らしとみなし削除・アク禁とします)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 トラックバックスパムというのは本当に困り物である。放置しておくと余計な文章が入るばかりか、悪質なのになると詐欺的サイト等に誘導するリンクを置いていくなどせっかく自分の記事を読みに来た人に迷惑をかけることになる
2006/12/06(水) 21:23:26 | ドジっ子Watcher
 以前書いた記事と類似した例を書いた記事を発見し、追記してその記事よりトラックバックを送ったところ、コメントで否定的(?)な意見をいただいたのでそれに関して考察してみようと思う。 なお、いずれの記事も「キ
2007/01/19(金) 20:43:11 | ドジっ子Watcher
ブクマコメント  はてな:  Buzzurl:  livedoor:
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。